ベストプラネット株式会社

089-989-0034

月~金 8:30 - 17:30

採用情報 お問い合わせ 無料サンプル請求

会社情報

代表メッセージ

乾物は、「切干大根なら宮崎」、「昆布なら北海道」など、産地が全国に点在し、それぞれが閉鎖的で独特のマーケットを形成しております。加えて品質や収穫量は、天候に左右され、価格は相場性を含みます。こうした状況から、産地と流通の融合が困難で、消費者にとっても分かりにくい商品となっております。
業界では、商社が産地に袋詰め加工を委託する「ブランドオーナー」や、産地では袋詰め加工のみを行う「パッカー」が数多く存在します。
弊社は、明治20年、東京日本橋に海産・農産乾物の集荷問屋「木村弥太郎商店」として創業したのが起源です。

現在は、愛媛県に、ISO22000認証を受けた延べ床面積9,000㎡の乾物加工工場を有し、産地の生産指導を行い、原料を買い付け、製品特性に合わせ、自社工場内の3つの温度帯冷蔵庫での原料保管、製品製造までを一貫して行っております。
創業以来、130有余年の社歴に裏付けられた「産地との信頼関係」を財産とし、メーカーとして蓄えた「生産管理・品質管理・マーケティング」のノウハウを融合し、乾物業界では他に類を見ない「乾物総合ファクトリ―」を掲げ、オンリーワン企業を構築して参ります。
和の伝統的健康食材である乾物「花かつお・椎茸・切干大根・その他各種」を消費者の視点から見直し、進化させたいと考えております。

写真:代表取締役社長 木村 誠代表取締役社長 木村 誠

商品開発の理念

弊社では、社内発想型の商品開発は致しません。全ては、お客様のご要望・ご意見に基づき商品開発を行います。
また、如何なるお客様のご要望でも、「美味しさ・安心・安全・健康」の定義を満たさない場合は、商品化しません。

  • 01

    「美味しさ」

    食の原点は美味しさです。いかに優れた食材でも美味しくなければ商品化しません。

  • 02

    「安心」の保障

    安心とは、消費者の知る権利を
    保障すること。

  • 03

    「安全」の開示

    安全とは、生産・収穫・加工・流通にいたる、全てを公開する義務。

  • 04

    「健康」とは、
    食による健体育成

    出来る限り自然のままで、身体に優しい食品であること。

会社概要

本社 東京都府中市白糸台1-44-1
代表者 代表取締役社長 木村 誠
資本金 6,000万円
売上 30億円
事業内容 「乾物総合メーカー」乾物製品の商品開発、生産、及び販売
主要製品 花かつお、かつおパック、各種魚節削りぶし・粉末、乾椎茸、切干大根、筍の水煮(香味筍)、各種乾麺、豆類、粉類、春雨、干瓢等の農産乾物、昆布、ひじき、寒天、煮干、小えび等の海産乾物

営業所 / 工場

  • 愛媛工場

    愛媛本社工場

    〒799-3105 愛媛県伊予市下三谷241-1
    TEL 089-982-0200 / FAX 089-983-4384

  • 東京営業所

    東京営業本部

    〒183-0011 東京都府中市白糸台1-44-1
    TEL 042-367-7300 / FAX 042-367-7311

  • 札幌営業所

    〒065-0043 北海道札幌市東区苗穂町15丁目1-1
    センコー株式会社 札幌PDセンター内
    TEL 011-790-6860 / FAX 011-790-6833

  • 西日本営業所

    〒799-3105 愛媛県伊予市下三谷241-1
    TEL 089-982-3232 / FAX 089-946-7321

  • 中国工場

    自社の生産管理基準に基づく、
    OEM提携工場7社

沿革

明治20年 東京日本橋に、海産・農産乾物の集荷問屋「木村弥太郎商店」として創業。
昭和25年 乾物総合問屋「㈱彌満喜」を設立、「乾物の彌満喜(やまき)」の名称で事業展開。
乾物の袋詰め加工「京都工場」を落成し、自社ブランド品を発売開始。
昭和42年 愛媛県伊予市の「岡部花鰹㈱」に100%資本出資し、「㈱彌満仁(やまに)」に改組し、メーカー業へ本格参入。
昭和44年 京都の「㈱南田缶詰」に100%資本出資し、「㈱彌満喜缶詰」に改組(平成3年に「㈱ベストライクスに商号変更)。
昭和54年 愛媛県森林組合連合会の指定商社として、乾しいたけの入札権を取得。
昭和59年 宮崎県経済農業協同組合連合会の指定商社として、乾しいたけの入札権を取得。
昭和63年 大分県椎茸農業協同組合(OSK)の指定商社として、乾しいたけの入札権を取得。
平成3年 「㈱彌満喜」を「ベストプラネット㈱」に商号変更。
以後、営業部門を「ベストプラネット㈱」、製造部門を「㈱彌満仁」、「㈱ベストライクス」の3社でグループ企業を形成し、問屋業からメーカー業へ方向転換を図る。
平成4年 「㈱彌満仁」の新工場落成。
平成9年 削り節の新製法「遠赤外線焼軟加工法」が、「魚節の加工法」として、製法特許を取得(特許第2662845)。
平成16年 乾物業界初のトレーサビリティ商品「地球の贈り物シリーズ」30品を発売。
削り節業界初のトレーサビリティ商品「花かつお」「カツオパック」の2品を発売。
平成17年 愛媛県伊予市に、3棟の温度帯別冷蔵庫を備えた、延床面積6,600㎡の総合乾物工場を落成。
グループ3社を企業統合し、乾物総合メーカーを掲げ、新生「ベストプラネット㈱」を設立。
平成18年 トレーサビリティを導入した、生産管理システムを開発し、導入。
岐阜工場を閉鎖し、筍・山菜水煮加工品を中国OEM工場にて生産開始。
同時に水煮ぜんまい・緑豆はるさめ・乾きくらげ・乾しいたけ・乾ひじきの中国OEM生産開始。
平成19年 愛媛工場が、乾物・削り節の業界で初めて「ISO22000」を取得。
平成22年 ネット通販事業開始。楽天市場内に「乾物の匠庵」出店。
平成27年 愛媛工場において、「きくらげ」の自社工場内栽培を開始し、「キノコ課」を新設。
愛媛工場において、「枯節加工」の内製化を開始し、かつお枯節を使用した「匠の技シリーズ」6品の発売開始。

お問合わせ・資料請求

乾物の製造・商品化などのご相談・ご提案を致しております。お気軽に問い合わせください。